スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DF50牽引の旧客

DF50模型
昔からDF50が好きで、亀山へ行ったり、四国へ行ったりと80年代初旬はDFの追っかけをしていました。
DF50はスイスのスルザー社製のエンジンを搭載した1~65号機までと、ドイツのMAN社製エンジンを搭載した 
501~573号機の2種類がありました。
 
スルザーは1060PS。MANは1200PSの出力がありましたが、最後まで残ったのはスルザータイプでした。現在保存されているDF50も1号、4号、18号の3両だけ・・・MAN型は1両も保存されずに消えてしまいました。
 
僕は音的にはスルザーの方が好きで、ポンポン船の様な音が、負荷が掛ると音も重くなり、如何にも頑張ってるな!と思わせる音でした。
一方MAN型は加給機の吸気音が大きく、同じ機関車の音とは思えない様な現代的な(ガスタービンエンジンの様な?)音でした。
 
当時はまだ旧客も色々な線区で走っており、薄汚れてはいるものの、鉄道旅行の楽しみや醍醐味を味わわせてくれた物です。
夜行の鈍行でも、客レならジョイント音がゆっくりとしたリズムを刻み、よく眠れました
が、ブルトレは速度も速くてせわしないジョイント音で眠れなかった・・・
 
でも夜中に街の明かりも消えて、ポツン と小さな家の明かりが点いているのが見えて、他所の家ではありますが、小さな幸せな生活も垣間見える。
その時に自分の列車を牽く機関車の汽笛が遠くに ピー!・・・
涙がほろっと出てきそうになるシーンではないですか。
 
鉄道は客レが一番!
 
今でもそう言ってはばからないmackbeemerです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mack

Author:mack
FC2ブログへようこそ



最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (152)
空 (14)
鉄道模型 (1)
鉄道撮影 (18)
旅 (5)
写真 (30)
国防 (9)
病気療養 (1)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。